平地―平野―分類―堆積平野―沖積平野 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

平地―平野―分類―堆積平野―沖積平野

沖積平野とは

沖積平野の定義・意味・意義

平野は、世界的にみると、大規模な浸食平野と小規模な堆積平野に大別されます。

ただし、日本の平野は、堆積平野だけです。

堆積平野は、さらに、次の3つの種類に分類されます。

  1. 沖積平野
  2. 洪積台地
  3. 海岸平野

このうち、沖積平野とは、完新世(沖積世)河川堆積作用によって形成された平野をいいます。

完新世沖積世)とは、約1万年前から現在までの時代をいいます。

ちなみに、日本のほとんどの平野沖積平野で、人口の大部分が沖積平野に集まっています。

 

沖積平野の分類・種類

沖積平野は、さらに次のように分類されます。

  1. 扇状地
  2. 氾濫原(自然堤防帯)
  3. 三角州
  4. 谷底平野

河川の上流から、扇状地、氾濫原、三角州の順に配列するのが基本パターンです。

この基本パターンは、日本では、たとえば、多摩や木曽など、大きな内湾に注ぐ大河川でみられます。

 

沖積平野の特色・特徴

災害

沖積平野は、河川の流域または河川が流出する海岸周辺に広く分布する低地で、地形が急なため、洪による災害が発生しやすい地形です。

 


| 現在のカテゴリ:地形―陸地―平地 |

現在のカテゴリ:地形―陸地―平地

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「地形―陸地―平地」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 平地
  2. 平地―平野
  3. 平地―平野―分類―堆積平野
  4. 平地―平野―分類―堆積平野―沖積平野
  5. 平地―平野―分類―堆積平野―沖積平野―扇状地
  6. 平地―平野―分類―堆積平野―沖積平野―扇状地―扇頂
  7. 平地―平野―分類―堆積平野―沖積平野―扇状地―扇央
  8. 平地―平野―分類―堆積平野―沖積平野―扇状地―扇央―伏流(伏流水)
  9. 平地―平野―分類―堆積平野―沖積平野―扇状地―扇端
  10. 平地―平野―分類―堆積平野―洪積台地―海岸段丘
  11. 平地―盆地
  12. 平地―高原

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:地形―陸地―平地 の位置づけ

現在のカテゴリ:「地形―陸地―平地」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー