都市―機能―消費都市―観光都市 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

都市―機能―消費都市―観光都市

観光都市とは

観光都市の定義・意味・意義

観光都市とは、史跡、景勝地、文化財、気候、温泉などの観光資源に恵まれ、多くの観光客が訪れる都市をいいます。

 

観光都市の位置づけ・体系

都市は、その中心的な機能から次のように大別されます。

  1. 生産都市
  2. 交易都市
  3. 消費都市

観光都市は、このうち消費都市に位置づけられます。

なお、消費都市は、観光都市も含め、次のように分類されています。

 

観光都市の具体例

観光都市の代表例としては、京都や奈良、鎌倉があります。

また、温泉観光地は、宿泊施設が発達して、土産物店、飲食店、娯楽施設などのサービス業が発達して観光都市を形成します。

たとえば、熱海や伊東(静岡県)、別府(大分県)などがあります。

大都市にはそれ自体で多くの観光客が訪れます。

 


| 現在のカテゴリ:集落―村落と都市 |

現在のカテゴリ:集落―村落と都市

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「集落―村落と都市」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 集落
  2. 都市―機能―消費都市
  3. 都市―機能―消費都市―観光都市

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:集落―村落と都市 の位置づけ

現在のカテゴリ:「集落―村落と都市」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー