陸上交通 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

陸上交通

陸上交通とは

陸上交通の定義・意味・意義

陸上交通とは、陸上の交通で、水上交通や航空交通に対する交通をいいます。

陸上交通の位置づけ・体系(上位概念)

交通

陸上交通交通の一種です。

なお、交通は、次の3つの種類に分類されます。

 

陸上交通の分類・種類

主要な陸上交通として、次の2つがあります。

 

18世紀後半に始まった産業革命後は、石炭や石油エネルギー源とした交通機関(蒸気機関車や自動車)が発明され、交通機関が飛躍的に発達しました。

交通の歴史

19世紀では、陸上交通の主役は鉄道交通でした。

しかし、20世紀に入ると、利便性に富む自動車が急速に普及し(モータリゼーション)、陸上交通の主役は鉄道交通から自動車交通にうつりました。

自動車が普及すると、日常生活のさまざまな場面で自動車への依存が高まってきます。つまり、自動車が日常生活にも入り込み、生活必需品化するわけです。これはモータリゼーションと呼ばれ、特に欧米や日本で著しくみられる現象です。

 


| 現在のカテゴリ:交通―陸上交通 |

現在のカテゴリ:交通―陸上交通

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「交通―陸上交通」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 陸上交通

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:交通―陸上交通 の位置づけ

現在のカテゴリ:「交通―陸上交通」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー