技術―灌漑 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

技術―灌漑

灌漑とは 【irrigation

灌漑の定義・意味・意義

灌漑とは、農産物を生産するための田畑に必要なを人工的に引いてきて供給することをいいます。

 

灌漑の分類・種類

灌漑は大別すると、田(田)にを供給する灌漑と畑にを供給する畑地灌漑の2つがあります。

  1. 灌漑
  2. 畑地灌漑

 

灌漑の趣旨・目的・役割・機能

農業の発展

灌漑により農業生産力は著しく高まります。

 

たとえば、一般に年降量が500ml以上になると畑作が、そして1000ml以上になると田耕作が可能になるといわれています。

しかし、年降量が500ml未満のステップ気候や砂漠気候の乾燥地域でも灌漑という技術を使うことで農業が可能となります。

また、日本は温暖湿潤気候に属し、年平均降量は1000mlを超えることが多いのですが、降量が時期的に一様ではないので古くから灌漑が行われてきました。

 


| 現在のカテゴリ:資源―水資源 |

現在のカテゴリ:資源―水資源

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資源―水資源」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 水資源
  2. 河川(川)
  3. 技術―水道
  4. 技術―水道―種類―下水道
  5. 技術―水道―公共機関―水道局
  6. 技術―水道―施設―取水施設
  7. 技術―水道―施設―水処理の施設
  8. 技術―水道―施設―水処理施設―上水道―浄水場
  9. 技術―水道―施設―水処理施設―下水道―下水処理場
  10. 技術―水道―施設―水処理施設―下水道―下水道管
  11. 技術―灌漑
  12. 技術―ダム

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:資源―水資源 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資源―水資源」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー