エジプト―社会 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

エジプト―社会

エジプトの社会

民族

国民の大部分はアラブ民族です。

 

言語

アラビア語が公用語です。

 

宗教

大部分がイスラム教です。

 

社会

タイム(Times Newspapers Ltd.)によると、エジプトはその人口約8300万人のうち、61%が30歳未満という若い国です。

そのうちの37%は無職で通学もしていないといいます。

いわば、日本でいうところの「ニート」が多いということです。

そして、若者の半数は毎日、インターネットを利用しているといいます。

たとえば、エジプトのフェイスブックの利用者は約400万人で、アラブ諸国ではもっとも多いと言われています。

以上、2011年時点の情報です。

 

約30年間続いたムバラク独裁政権崩壊の原動力となったのは、こうしたインターネットを利用する若者たちだったと言われています(→エジプトの政治)。

 


| 現在のカテゴリ:北アフリカ |

現在のカテゴリ:北アフリカ

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「北アフリカ」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. エジプト
  2. エジプト―政治
  3. エジプト―社会

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:北アフリカ の位置づけ

現在のカテゴリ:「北アフリカ」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー