東南アジア諸国連合(ASEAN アセアン) - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

東南アジア諸国連合(ASEAN アセアン)

東南アジア諸国連合とは 【Association of South‐East Asian Nations

東南アジア諸国連合の定義・意味・意義

東南アジア諸国連合とは、東南アジアの10カ国が加盟する政治・経済などでの地域協力組織をいいます。

Association of South‐East Asian Nations の頭文字をとってASEANアセアン)と略称されます。

 

東南アジア諸国連合の加盟国

 

東南アジア諸国連合の経緯・沿革・歴史など

1967年結成

東南アジア諸国連合は、1967年にタイのバンコクにおいて、タイインドネシア、フィリピン、マレーシアシンガポールの5カ国で結成されました。

 

1984年ブルネイ加盟

 

1995年ベトナム加盟

 

1997年ラオス・ミャンマー加盟

 

1999年カンボジア加盟

 

経済

国内総生産GDP

2008年における東南アジア諸国連合10カ国のGDP(名目)は、15,153億ドルで、日本の1/3弱です。

日本は49,107億ドルです。

 

東南アジア諸国連合と関係・関連する概念

ASEAN自由貿易地域(AFTA)

 

日本との関係

東南アジア諸国連合(ASEAN アセアン)―日本との関係

 


| 現在のカテゴリ:国家群 |

現在のカテゴリ:国家群

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「国家群」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 国家群
  2. 東南アジア諸国連合(ASEAN アセアン)
  3. 東南アジア諸国連合(ASEAN アセアン)―日本との関係
  4. NIEs(新興工業経済地域)

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:国家群 の位置づけ

現在のカテゴリ:「国家群」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー