スリランカ - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

スリランカ

スリランカの基礎・基本データ

位置・場所など

スリランカは、南アジアのインド半島の南東に、ポーク海峡をへだてて位置する島国である。

正式名称

スリランカ民主社会主義共和国

 

面積

6.6万km2(2007年時点)で、北海道の約0.8倍。

 

人口

都市 

首都
スリジャヤワルダナプラコッテ

1985年に、旧首都コロンボからスリジャヤワルダナプラコッテに遷都された。

その他主要都市
コロンボ 

スリランカの社会

民族

主にシンハラ人(72.9%)とタミル人(18.0%)等で構成される。

参考元:スリランカ基礎データ | 外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/srilanka/data.html

 

言語

公用語

シンハラ語・タミル語

 

宗教

仏教(70.0%)・ヒンズー教(10.0%)・キリスト教(11.3%)・イスラム教(8.5%)。

参考元:スリランカ基礎データ | 外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/srilanka/data.html

仏教徒の中心がシンハラ人、ヒンズー教徒の中心がタミル人である。

両民族は対立し、2009年5月まで約25年間内戦が続いた。

この内戦で、8~10万人が死亡し、数十万人の国内避難民が発生したといわれる。

スリランカの歴史

1796年にイギリスの東インド会社がコロンボを占拠し、イギリス植民地となった。

第二次大戦後の1948年にイギリス連邦内の自治領としてセイロンという国名で独立した。


| 現在のカテゴリ:南アジア |

現在のカテゴリ:南アジア

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「南アジア」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. インド
  2. バングラデシュ(バングラデシュ人民共和国)
  3. スリランカ

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:南アジア の位置づけ

現在のカテゴリ:「南アジア」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー