海峡(水道・瀬戸) - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

海峡(水道・瀬戸)

海峡とは 【strait; channel

海峡の定義・意味・意義

海峡(かいきょう)とは、陸と陸との間にはさまって、細長く狭まれた海の部分をいう。

海峡の別名・別称・通称など

海峡は、水道瀬戸とも呼ばれることがある。

水道瀬戸という名称がついているところは、瀬戸内海の島々との間に多く、風景に優れているところが多い。

小学館『日本大百科全書』

水道

瀬戸

瀬戸は特に狭く、潮流の早い海峡をいう。

海峡の具体例

日本

世界

海峡の趣旨・目的・役割・機能

海峡は、古来、軍事上、政治上、商業上の要地となったところが多い。

小学館『日本大百科全書』


| 現在のカテゴリ:地形―海洋―その他 |

現在のカテゴリ:地形―海洋―その他

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「地形―海洋―その他」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 海峡(水道・瀬戸)

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:地形―海洋―その他 の位置づけ

現在のカテゴリ:「地形―海洋―その他」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー