水上交通 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

水上交通

水上交通とは

水上交通の定義・意味・意義

水上交通(すいじょうこうつう)とは、船舶により、海洋河川・湖沼・運河などの路を利用する交通をいう。

水上交通の位置づけ・体系(上位概念)

交通

水上交通交通の一種である。

なお、交通は、次の3つの種類に分類される。

  1. 陸上交通
  2. 水上交通
  3. 航空交通

 

水上交通の分類・種類

水上交通は、次の2つの種類に分類される。

  1. 海上交通
  2. 内陸交通

水上交通の趣旨・目的・役割・機能

貿易の物資輸送

水上交通は古くから交通(人や物(物資)の移動)に大きな役割をはたしてきた。

現在でも貿易の物資輸送に大きな比重を占めている。

水上交通のメリットとデメリット

メリット・長所・利点・有利な点

船舶は、重量物資や容積の大きい貨物を、大量・安価に長距離輸送できる。

デメリット・短所・欠点・弱点・不利な点

船舶は、高速性にやや欠け、また、航行や停泊に制約がある。


| 現在のカテゴリ:交通―水上交通 |

現在のカテゴリ:交通―水上交通

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「交通―水上交通」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 水上交通
  2. 水上交通―航路―構造物―水路―運河
  3. 水上交通―航路―構造物―航路標識
  4. 水上交通―航路―構造物―港(港湾)
  5. 水上交通―航路―構造物―航路標識―灯標

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:交通―水上交通 の位置づけ

現在のカテゴリ:「交通―水上交通」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー