海洋―分類―大洋―三大洋 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

海洋―分類―大洋―三大洋

三大洋とは

三大洋の定義・意味・意義

三大洋(さんたいよう)とは、次の3つの大洋をいう。

  1. 太平洋
  2. 大西洋
  3. インド

三大洋で、すべての海洋面積の約90%を占める。

三大洋と関係・関連する概念

大洋

通常は、三大洋に北極海・南極海を加えて五大洋と称する。

三大洋の位置づけ・体系(上位概念)

海洋

海洋は、大洋=五大洋(または三大洋)とそれ以外の付属海とに分類される。

  1. 大洋
  2. 付属海


| 現在のカテゴリ:地形―海洋 |

現在のカテゴリ:地形―海洋

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「地形―海洋」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 海洋
  2. 海洋―分類―大洋(外海)
  3. 海洋―分類―大洋―三大洋
  4. 海洋―分類―付属海(内海)
  5. 海洋―分類―付属海―地中海
  6. 海洋―分類―付属海―地中海―具体例―黒海

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:地形―海洋 の位置づけ

現在のカテゴリ:「地形―海洋」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー