海洋―分類―大洋(外海) - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

海洋―分類―大洋(外海)

大洋とは 【ocean

大洋の定義・意味・意義

大洋(たいよう)とは、大きな海をいう。

大洋の別名・別称・通称など

外海(がいかい)

大洋の具体例

大洋は、一般には五大洋をいう。

三大洋

次の3つの海洋大洋に分類され、三大洋と呼ばれる。

  1. 太平洋
  2. 大西洋
  3. インド

三大洋で、すべての海洋面積の約90%を占める。

大洋

三大洋に北極海・南極海を加えて五大洋と称する。

大洋の位置づけ・体系(上位概念)

海洋

海洋は一続きであるが、いくつかの部分に分けることができ、もっとも大きな部分である大洋と、大洋の一部が陸地によって分離された部分である付属海とに分類される。

  1. 大洋
  2. 付属海

大洋と関係・関連する概念

とは、大洋の一部をいう。

太平洋という大洋の一部の沿海(縁海)に日本海があるのはこの例である。

小学館『日本大百科全書』


| 現在のカテゴリ:地形―海洋 |

現在のカテゴリ:地形―海洋

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「地形―海洋」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 海洋
  2. 海洋―分類―大洋(外海)
  3. 海洋―分類―大洋―三大洋
  4. 海洋―分類―付属海(内海)
  5. 海洋―分類―付属海―地中海
  6. 海洋―分類―付属海―地中海―具体例―黒海

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:地形―海洋 の位置づけ

現在のカテゴリ:「地形―海洋」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー