海洋 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

海洋

海洋とは 【ocean

海洋の定義・意味・意義

海洋(かいよう)とは、地球上の陸地以外で、広く一続きに塩をたたえた部分をいう。

海洋は、地表の約70%を占め、面積は約3億6000万平方km、平均深度は3800mである。

海洋と関係・関連する概念

対概念・対義語
陸地

海洋の対概念は陸地である。

なお、北半球では陸地の割合が大きいが、南半球では海洋の割合が大きい。

海洋の分類・種類

海洋は一続きであるが、いくつかの部分に分けることができ、もっとも大きな部分である大洋と、大洋の一部が陸地によって分離された部分である付属海とに分類される。

  1. 大洋
  2. 付属海


| 現在のカテゴリ:地形―海洋 |

現在のカテゴリ:地形―海洋

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「地形―海洋」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 海洋
  2. 海洋―分類―大洋(外海)
  3. 海洋―分類―大洋―三大洋
  4. 海洋―分類―付属海(内海)
  5. 海洋―分類―付属海―地中海
  6. 海洋―分類―付属海―地中海―具体例―黒海

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:地形―海洋 の位置づけ

現在のカテゴリ:「地形―海洋」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー