自然公園―国立公園 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

自然公園―国立公園

国立公園とは 【national park

国立公園の定義・意味・意義

国立公園(こくりつこうえん)とは、国が景勝地等を指定し、それを保護・管理する公園をいう。

国立公園の経緯・沿革・由来・歴史など

世界

国立公園は、1872年にアメリカで指定されたイエローストーン国立公園が最初である。

そして、1885年にカナダでバンフ国立公園が指定されて以来、世界各国に普及した。

学研『新世紀ビジュアル百科辞典』

日本

日本では、1931年(昭和6年)に国立公園法(現在は自然公園法)が制定された。

そして、それを受け、1934年(昭和9年)に瀬戸内海・雲仙(うんぜん)・霧島(きりしま)の3地域が初の国立公園に指定された。

 

国立公園の位置づけ・体系(上位概念)

自然公園

自然公園法では、国立公園は自然公園のひとつとして位置づけられている。

自然公園には次の3つがある。

  1. 国立公園
  2. 国定公園
  3. 都道府県立自然公園


| 現在のカテゴリ:環境―環境保全 |

現在のカテゴリ:環境―環境保全

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「環境―環境保全」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 自然公園―国立公園
  2. ジオパーク

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:環境―環境保全 の位置づけ

現在のカテゴリ:「環境―環境保全」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー