スラブ系―ウクライナ - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

スラブ系―ウクライナ

ウクライナの基礎・基本データ

位置・場所など

ウクライナは東ヨーロッパ平原の南西部に位置し、南は黒海・アゾフ海に接する。

地政学
パイプライン

ウクライナには世界最長のパイプラインであるドルジバパイプラインが通過してる。

ロシアから欧州各国に輸出される天然ガスの多くは、このウクライナを通過するパイプラインを経由している。

面積

面積は、約60.4万km2で、日本の約1.6倍である。

 

人口

政治体制

共和制

都市 

首都
キエフ

その他主要都市等
チェルノブイリ

ウクライナ北部には1986年に原子力発電所事故を起こしたチェルノブイリがある。

 

社会

民族

ウクライナは、ウクライナ人が人口の約78%、ロシア人が約17%を占めている(2001年国勢調査)。

ウクライナ基礎データ | 外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ukraine/data.html#01

ただし、南部のクリミア半島ロシア系住民が多い。

言語
公用語・国家語

ウクライナの国家語はウクライナ語であるが、ロシア語も広く使用されている。

 

宗教

 

歴史・沿革・経緯・由来・起源・発祥等

1991年独立

ウクライナロシアと同様にソビエト連邦(ソ連)に属していたが、1991年8月に、ソ連崩壊とともに独立した。

2014年ヤヌコビッチ政権崩壊

2014年に新ロシア派のヤヌコビッチ政権が崩壊した。

日本との関係

政治
自由と繁栄の弧

ウクライナは、日本の外交原則のひとつとされている自由と繁栄の弧の一国である。


| 現在のカテゴリ:ロシアの周辺諸国 |

現在のカテゴリ:ロシアの周辺諸国

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「ロシアの周辺諸国」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. スラブ系―ウクライナ
  2. スラブ系―ウクライナ―経済
  3. バルト三国―リトアニア

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:ロシアの周辺諸国 の位置づけ

現在のカテゴリ:「ロシアの周辺諸国」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー