パレスチナ - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

パレスチナ

パレスチナの基礎・基本データ

位置・場所など

パレスチナとは、ヨルダン西岸から地中海東岸までの地方をいう。

イスラエルが支配するが、ヨルダン西岸地区とガザ地区についてはパレスチナ自治政府が支配する(2014年時点)。

歴史・沿革・経緯・由来・起源・発祥等

パレスチナはユダヤ教・キリスト教の発祥の地である。

パレスチナは、イスラム教を信仰するアラブ人が生活をしていた。

しかし、19世紀後半よりシオニズム(ユダヤ人の祖国復帰運動)がおこり、世界各地のユダヤ人が財力を背景にパレスチナに移住した。

さらに、1948年、ユダヤ人はユダヤ人国家イスラエルを建国し、ユダヤ人の移住を進めた。

そのため、イスラエルとアラブ諸国との対立は激化し、4度の中東戦争を引き起こすとともに、イスラエルの占領地拡大のため、パレスチナ難民が増加した。

『理解しやすい地理B 改訂版』 文英堂、2008年、389頁。


| 現在のカテゴリ:西アジア |

現在のカテゴリ:西アジア

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「西アジア」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. イスラエル(イスラエル国)
  2. イラク(イラク共和国)
  3. イラン(イラン・イスラム共和国)
  4. オマーン(オマーン国)
  5. オマーン―経済
  6. オマーン―日本との関係
  7. サウジアラビア(サウジアラビア王国)
  8. トルコ(トルコ共和国)
  9. パレスチナ
  10. レバノン(レバノン共和国)
  11. レバノン―都市―ベイルート

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:西アジア の位置づけ

現在のカテゴリ:「西アジア」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー