レバノン(レバノン共和国) - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

レバノン(レバノン共和国)

レバノンの基礎データ

レバノンは、古代フェニキアの故地である。

大部分はアラブ民族であるが、宗教はイスラム教徒とキリスト教徒に二分されており、「モザイク国家」のひとつといわれている。

なお、さいとう・たかお著の『ゴルゴ13』に、レバノンについて、キリスト教徒とイスラム教徒が国を二分しているため、イスラエルとアラブ連合の争いの中で、どちら側にもつくことができない、ちゅうぶらりんの国という表現がある

さいとう・たかお 『ゴルゴ13』 3巻 第19話「ベイルートVIA」

位置・場所など

レバノン地中海東岸に位置し、イスラエルとシリアの両国に国境を接する。

正式名称

レバノン共和国

正式名称はレバノン共和国である。

面積

面積は、約1万km2で、日本の岐阜県程度である。

人口

都市

首都
ベイルート

その他主要都市

レバノンの社会

民族

2013年

アラブ人が95%を占める。

レバノン基礎データ | 外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/lebanon/data.html

言語

公用語

公用語はアラビア語である。

宗教

宗教はイスラム教徒とキリスト教徒に二分されている。

レバノンの政治

政体

共和制

レバノンの歴史

レバノンは第一次世界大戦後フランスの支配下におかれたが、1943年に独立した。

1975年には、キリスト教徒とイスラム教徒等との対立からレバノン内戦が始まる。

1976年にレバノン政府の要請に基づくシリアの軍事介入により内戦は一時的に鎮静化するが、1978年にはイスラエルレバノンを侵攻する。


| 現在のカテゴリ:西アジア |

現在のカテゴリ:西アジア

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「西アジア」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. イスラエル(イスラエル国)
  2. イラク(イラク共和国)
  3. イラン(イラン・イスラム共和国)
  4. オマーン(オマーン国)
  5. オマーン―経済
  6. オマーン―日本との関係
  7. サウジアラビア(サウジアラビア王国)
  8. トルコ(トルコ共和国)
  9. パレスチナ
  10. レバノン(レバノン共和国)
  11. レバノン―都市―ベイルート

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:西アジア の位置づけ

現在のカテゴリ:「西アジア」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー