針葉樹 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

針葉樹

針葉樹とは

針葉樹の定義・意味など

針葉樹(しんようじゅ)とは、針状または鱗片状の葉をもち、冷涼な気候を好む樹木をいう。

針葉樹の分類・種類

針葉樹は常緑針葉樹と落葉針葉樹に大別されるが、大部分は常緑針葉樹である。

針葉樹の具体例

針葉樹の意義・役割・機能

建築材・土木材

針葉樹は限られた木の実しか成らないが、建築材・土木材などとして重要である。

針葉樹と関係する概念

反対概念・対概念
広葉樹


| 現在のカテゴリ:植生 |

現在のカテゴリ:植生

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「植生」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 針葉樹
  2. 広葉樹
  3. 広葉樹―落葉広葉樹

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:植生 の位置づけ

現在のカテゴリ:「植生」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー