台湾 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



台湾

台湾の概要・概略・あらまし

基礎・基本データ

位置・場所など

台湾は、台湾島と澎湖諸島(ポンフー列島)などからなる、中国本土南東の地域をいいます。

面積

面積は36千km2(2007年時点)で、九州と同じくらいの広さです。

人口
  • 1993年…2095万人
  • 2010年…2315万人

中心都市

台北(タイペイ)

国家郡

台湾は、アジアNIEsニーズ)の一つです。

歴史

第二次大戦前

台湾は、1895年から1945年まで、日本の植民地でした。

第二次大戦後

1949年に中華人民共和国が成立した際に、資本主義を支持する国民党政府が台湾に移り、本土の中華人民共和国政府と対立しました。

経済

産業

主な産業は、工業です。

工業

資本主義により急速に工業化をすすめ、アジアNIEsニーズ)の一つとなりました。

現在は、IT関連製品の世界的な供給源となっています。

社会

言語

中国

宗教

仏教



| 現在のカテゴリ:東アジア |

現在のカテゴリ:東アジア

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「東アジア」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 中国(中華人民共和国)
  2. 韓国(大韓民国)
  3. ホンコン(香港)
  4. 台湾
  5. モンゴル(モンゴル国)
  6. モンゴル(モンゴル国)―経済

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:東アジア の位置づけ

現在のカテゴリ:「東アジア」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー