モンゴル(モンゴル国)―経済 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



モンゴル(モンゴル国)―経済

モンゴルの経済

モンゴルは人口の大部分が遊牧民であるが、豊富な鉱産資源地下資源)のおかげで経済成長を続けている。

ただし、電化製品のほとんどを中国から輸入するなど、経済的には中国に依存している(2014年時点)。

モンゴル 新たな国際戦略① -2014年 1月12日 NHK海外ネットワーク  http://blog.goo.ne.jp/melbourne3004/e/688132843cfa423bcd486fcbadf05427

資源

鉱産資源地下資源

モンゴルは、モリブデンのほか、金、銅、石炭、ウランなどまだ未開発で大規模な鉱床が多くある。

  • モリブデン
  • 石炭
  • ウラン

モリブデン

モンゴルは、アジアでは中国に次ぐモリブデン生産国である。

石炭

石炭の輸出先は中国である。

ただし、中国は、モンゴルからの石炭輸入を減らしている(2013年時点)。

貿易

貿易相手国

モンゴルは、中国がほとんど唯一の貿易相手国である(2013年時点)。



| 現在のカテゴリ:東アジア |

現在のカテゴリ:東アジア

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「東アジア」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 中国(中華人民共和国)
  2. 韓国(大韓民国)
  3. ホンコン(香港)
  4. 台湾
  5. モンゴル(モンゴル国)
  6. モンゴル(モンゴル国)―経済

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:東アジア の位置づけ

現在のカテゴリ:「東アジア」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー