北アメリカ自由貿易協定(NAFTA) - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



北アメリカ自由貿易協定(NAFTA)

北アメリカ自由貿易協定とは 【North American Free Trade Agreement

北アメリカ自由貿易協定の定義・意味・意義

北アメリカ自由貿易協定とは、1994年に結成した貿易協定をいいます。

加盟国は、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコの3国です。

通称、NAFTA(ナフタ)と呼ばれています。

北アメリカ自由貿易協定の趣旨・目的・機能・役割

北アメリカ自由貿易協定は、加盟国間の関税や輸入制限を撤廃し、資本・商品・労働力の移動の自由化(自由市場)を目指しています。

北アメリカ自由貿易協定の経緯・沿革・歴史など

1989年にアメリカ合衆国とカナダ間では、自由貿易協定が発効しました。

そして、1993年にEUが結成されたことを契機に、メキシコも加え、人口、GNPともにEUを上回ることを目指しました。



| 現在のカテゴリ:経済的結合 |

現在のカテゴリ:経済的結合

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「経済的結合」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 北アメリカ自由貿易協定(NAFTA)
  2. 経済連携協定(EPA)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:経済的結合 の位置づけ

現在のカテゴリ:「経済的結合」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー