ブラジル―経済 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



ブラジル―経済

ブラジルの経済

ブラジルは、経済がめざましく成長し、メキシコとともに、NIEsニーズ 新興工業経済地域に位置づけられている。

アジアNIEs韓国台湾香港シンガポール)に対して、ラテンアメリカNIEsと呼ばれている。

ブラジル国内総生産GDP

ブラジル国内総生産は2兆2526億ドル(2012年、IMF)で、ラテンアメリカで最大の経済大国である。

ブラジル基礎データ | 外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/brazil/data.html

資源

鉱石

ブラジルは、鉱石が豊富である。

世界の22.3%を生産し、世界第一位である(2008年時点)。

 

産業

ブラジルは工業と農業が主な産業である。

工業

ブラジルは、1970年代から工業化を推進した結果、ラテンアメリカ最大の工業力を有している。

鋼業と自動車産業などが主要工業である。

 

農業

19世紀には、天然ゴムやコーヒーのモノカルチャー(単一栽培)であったが、現在は、農業の多角化と機械化が進んでいる。

 

貿易

貿易品目
輸出

次の品目は輸出量が世界第一位である(2014年時点)。

  • コーヒー
  • 砂糖
  • 鶏肉



| 現在のカテゴリ:中南アメリカ |

現在のカテゴリ:中南アメリカ

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「中南アメリカ」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. ブラジル
  2. ブラジル―経済
  3. ブラジル―観光
  4. メキシコ

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:中南アメリカ の位置づけ

現在のカテゴリ:「中南アメリカ」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー