[地理]地理: 産業―その他―工芸

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

産業―その他―工芸

「産業―その他―工芸」カテゴリのコンテンツ

産業―その他―工芸」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 2 ページあります。

  1. 工芸

    工芸とは、おもに手工業で美術的な実用品などの製品を作ることをいう。一般に小規模なものをいい、陶磁器・漆器・木工・織物などがある。
  2. 工芸―木工―こけし

    こけしとは、東北地方独特の工芸品で、木地をろくろで挽いた円筒状の胴に丸い頭をつけ、赤・青・黄などで簡単な彩色をして女児の姿を表した木製の人形をいう。江戸時代に農民が農閑期を利用し子供の遊び道具とし作ったことが始まりといわれていて、その後温泉場の土産品として発展した。


関連コンテンツ

「産業―その他―工芸」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「産業―その他―工芸」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー