[地理]地理: 交通―水上交通

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

交通―水上交通

「交通―水上交通」のコンテンツ[全 5 件]

  1. 水上交通

    水上交通とは 水上交通の定義・意味・意義 水上交通(すいじょうこうつう)とは、船舶により、海洋・河川・湖沼・運河などの水路を利用する交通をいう。 水上交通の位置づけ・体系(上位概念) 交通 水上交通は...
  2. 水上交通―航路―構造物―水路―運河

    運河とは、船舶の航路として、陸地を掘り下げることによって造られた人工的な水路をいい、海洋運河と内陸運河に大別される。産業革命時、港・可航河川(航行可能な河川)と内陸の工業地帯を結ぶために開かれた。
  3. 水上交通―航路―構造物―航路標識

    航路標識とは 【sea mark】 航路標識の定義・意味・意義 航路標識(こうろひょうしき)とは、灯光等により、港・湾・海峡その他の日本国の沿岸水域を航行する船舶の指標とするための灯台などの施設をいう...
  4. 水上交通―航路―構造物―港(港湾)

    港とは 【harbor】 港の<$MTGetVar name="定義"$> 港(みなと)とは、湾や河口を自然のまま利用したり、防波堤を築いたりして外海の荒い波を防ぎ、船が安全に停泊(ていは...
  5. 水上交通―航路―構造物―航路標識―灯標

    灯標とは 灯標の定義・意味・意義 灯標(とうひょう)とは、灯台のうち、陸地以外の砂地や岩礁にあるものをいう。 灯標の趣旨・目的・役割・機能 船舶交通の安全・船舶の運航能率の増進 灯標の位置づけ・体系(...


関連コンテンツ


「交通―水上交通」の位置づけ

現在のカテゴリ:「交通―水上交通」の位置づけは以下のとおりです。

上のカテゴリ


前後のカテゴリ

プリバシーポリシー