[地理]地理: 地形―陸地―山地

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

地形―陸地―山地

「地形―陸地―山地」のコンテンツ[全 6 件]

  1. 山とは、造山運動または火山活動により、陸地のなかで表面が著しく隆起し、平地と比べて高度や起伏が大きい地形をいう。
  2. 山―分類―火山

    火山とは、火山活動により生じた山をいう。かつては、活火山・休火山・死火山という分類がされていたが、現在では、休火山・死火山という用語は使用されていない。
  3. 山―分類―火山―活火山

    活火山とは、火山噴火予知連絡会による2003年(平成15年)の定義によれば、「概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」とされている。
  4. 山―分類―火山―活火山―具体例―浅間山

    浅間山は、群馬県と長野県の県境に位置する火山で、標高は2568m。日本の代表的な活火山である。
  5. 山地

    山地とは、平地に対しての山の地形、または、複数の山が集合した地形をいう。
  6. 山地―山脈―山系

    山系とは、二つ以上の山脈が近接してほぼ平行に走っているときの総称・互いに密接な関係をもって一つの系統をなしている山脈群の総称をいう。ただし、実際に固有名詞を付して呼ぶ場合には、山地、山脈、山系はしばしば混同して用いられている。


関連コンテンツ


「地形―陸地―山地」の位置づけ

現在のカテゴリ:「地形―陸地―山地」の位置づけは以下のとおりです。

上のカテゴリ


前後のカテゴリ

プリバシーポリシー