[地理]地理: 資源―鉱山資源(地下資源)―エネルギー資源

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

資源―鉱山資源(地下資源)―エネルギー資源

「資源―鉱山資源(地下資源)―エネルギー資源」のコンテンツ[全 18 件]

  1. エネルギー資源

    エネルギー資源とは 【energy resources】 エネルギー資源の定義・意味・意義 エネルギー資源とは、エネルギーを生み出す資源をいいます。 エネルギー資源の分類・種類 生物的資源非生物的資源...
  2. エネルギー

    エネルギーとは 【energy】 エネルギーの定義・意味・意義 エネルギーとは、熱・光・動力などの源となるものをいいます。 エネルギーの分類・種類 一次エネルギー 再生可能エネルギー(自然エネルギー)...
  3. エネルギー―一次エネルギー

    一次エネルギーとは 一次エネルギーの定義・意味・意義 一次エネルギーとは、天然資源(水力・風力・太陽光・石油・天然ガスなど)をかたちをかえないでそのまま利用する場合のエネルギー資源の総称です。 つまり...
  4. エネルギー―一次エネルギー―再生可能エネルギー(自然エネルギー)

    再生可能エネルギーとは 再生可能エネルギーの定義・意味・意義 再生可能エネルギーとは、石油などの化石燃料や原子力エネルギーといった枯渇性エネルギーとは異なり、使ってもなくならない無限のエネルギーをいい...
  5. エネルギー―一次エネルギー―再生可能エネルギーの固定価格買取制度

    再生可能エネルギーの固定価格買取制度とは 再生可能エネルギーの固定価格買取制度の定義・意味・意義 再生可能エネルギーの固定価格買取制度とは、再生可能エネルギーでつくった電気を、国が定めた一定の価格で電...
  6. エネルギー―一次エネルギー―枯渇性エネルギー―化石燃料

    化石燃料とは 化石燃料の定義・意味・意義 化石燃料とは、地質時代の動植物の死骸=有機物が地圧と地熱で化石となったエネルギー資源の総称です。   化石燃料の具体例 化石燃料には、石炭、石油、天...
  7. エネルギー―一次エネルギー―枯渇性エネルギー―化石燃料―石油

    石油とは 石油の定義・意味・意義 石油とは、炭化水素を成分とする、液体の可燃性のエネルギー資源です。   石油の趣旨・目的・役割・機能 エネルギー 石油は安価で効率的にエネルギーを取り出すことができる...
  8. エネルギー―一次エネルギー―枯渇性エネルギー―化石燃料―石油―油田

    油田とは 【oil field】 油田の定義・意味・意義 油田(ゆでん)とは、石油を産出する地域をいう。 油田の具体例 サウジアラビアのガワール油田クウェートのブルガン油田サウジアラビアとクウェートの...
  9. エネルギー―一次エネルギー―枯渇性エネルギー―化石燃料―石油―油田―カフジ油田

    カフジ油田とは カフジ油田の定義・意味・意義 カフジ油田(カフジゆでん)とは、ペルシア湾のサウジアラビアとクウェートの中立地帯にある海底油田である。 カフジ油田の経緯・沿革・由来・歴史など カフジ油田...
  10. エネルギー―一次エネルギー―枯渇性エネルギー―化石燃料―天然ガス

    天然ガスとは 【natural gas】 天然ガスの定義・意味・意義 天然ガスとは、炭化水素を成分とする、気体の可燃性のエネルギー資源です。 天然ガスは、メタンを主成分とし、空気より軽く、地下深く気体...
  11. エネルギー―一次エネルギー―枯渇性エネルギー―化石燃料―天然ガス―液化天然ガス(LNG)

    液化天然ガスとは 【liquefied natural gas】 液化天然ガスの定義・意味・意義 液化天然ガス(えきかてんねんガス)とは、気体の天然ガスを冷却して液体にしたものをいう。 液化天然ガスの...
  12. エネルギー―二次エネルギー

    二次エネルギーとは 二次エネルギーの定義・意味・意義 二次エネルギーとは、一次エネルギー(水力・風力・太陽光・石油・天然ガスなど)を加工したエネルギー資源の総称です。   二次エネルギーの具...
  13. エネルギー―二次エネルギー―電力

    電力は電気による二次エネルギーであるが、石油などと比較すると、貯蔵や遠距離輸送が困難で、他のエネルギー資源と違い、輸出入されることは少ない。
  14. エネルギー―二次エネルギー―電力―火力発電

    火力発電とは 火力発電の定義・意味・意義 火力発電とは、石炭・石油(重油・軽油など)・液化天然ガス(LNG)などを燃料とする蒸気機関(一般には蒸気タービン)の回転によって発電機を運転し発電する(電力を...
  15. エネルギー―二次エネルギー―電力―火力発電―デメリット―費用

    火力発電のデメリット・問題点・課題 費用・コスト―割高な運転費→国富流出 火力発電は割高な化石燃料を燃料とするため、原子力発電に比べると運転コストが高くなります。   たとえば、日...
  16. エネルギー―二次エネルギー―電力―火力発電―火力発電所

    火力発電所とは 火力発電所の定義・意味・意義 火力発電所とは、石炭・石油(重油・軽油など)・天然ガス(LNG)などを燃料とする火力発電によって発電する(電力を得る)発電所をいいます。   火...
  17. エネルギー―二次エネルギー―電力―地熱発電

    地熱発電とは 地熱発電の定義・意味・意義 地熱発電とは、地下の地熱による高温高圧の蒸気を利用して行う発電をいいます。   地熱発電の位置づけ・体系 一次エネルギー 地熱は、石油、石炭、天然ガス、水力、...
  18. エネルギー―その他―クリーンエネルギー(無公害エネルギー)

    クリーンエネルギーとは クリーンエネルギーの定義・意味・意義 クリーンエネルギーとは、環境汚染を起こさないエネルギーの総称です。 無公害エネルギーともいいます。   クリーンエネルギーの具体...


関連コンテンツ


「資源―鉱山資源(地下資源)―エネルギー資源」の位置づけ

現在のカテゴリ:「資源―鉱山資源(地下資源)―エネルギー資源」の位置づけは以下のとおりです。

上のカテゴリ


前後のカテゴリ

プリバシーポリシー