サウジアラビア(サウジアラビア王国) - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

サウジアラビア(サウジアラビア王国)

サウジアラビアの基礎・基本データ

サウジアラビアはイスラム教発祥の地である。

スンニ派の専制君主制の国家で、国王一族が統治する。

なお、国名のサウジアラビアは「サウド家のアラビア」という意味である。

 

位置・場所など

サウジアラビアはアラビア半島の大部分を占める。

国土の大部分は砂漠である。

地政学

正式名称

サウジアラビア王国

正式名称はサウジアラビア王国サウジアラビアおうこく)である。

面積

面積は、215万km2で、日本の約5.7倍である。

サウジアラビア基礎データ | 外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/saudi/data.html

 

人口

都市 

首都
リヤド

その他主要都市等
聖地

 

社会

民族

アラブ人

言語
公用語

公用語はアラビア語である。

宗教

スンニ派イスラム教

政治体制

政体
専制君主制

経済

サウジアラビアは世界第1位の原油の埋蔵量を誇り(2009年末時点)、主要産業は石油である。


| 現在のカテゴリ:西アジア |

現在のカテゴリ:西アジア

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「西アジア」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. イスラエル(イスラエル国)
  2. イラク(イラク共和国)
  3. イラン(イラン・イスラム共和国)
  4. オマーン(オマーン国)
  5. オマーン―経済
  6. オマーン―日本との関係
  7. サウジアラビア(サウジアラビア王国)
  8. トルコ(トルコ共和国)
  9. パレスチナ
  10. レバノン(レバノン共和国)
  11. レバノン―都市―ベイルート

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:西アジア の位置づけ

現在のカテゴリ:「西アジア」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー