イラン(イラン・イスラム共和国) - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

イラン(イラン・イスラム共和国)

イランの基礎・基本データ

スンニ派のアラブ人が主流のイスラム国家中東にあって、イランはシーア派のペルシア人(イラン人)が主流の国家で、中東では浮いた存在の国家である。

位置・場所など

イランは西アジアのイラン高原を占め、北はカスピ海に南はペルシア湾に位置する。

地政学

イランが核開発をめぐる欧米諸国などとの対立からペルシア湾とオマーン湾の間にあるホルムズ海峡の封鎖に踏み切れば、機雷をまき、タンカーなど民間船舶の航行を妨げることが懸念される。

なお、日本の輸入原油の85%はホルムズ海峡を通過しており、深刻な影響を受けることになる。

産経新聞 2013年5月2日

正式名称

イラン・イスラム共和国

正式名称はイラン・イスラム共和国イラン・イスラムきょうわこく)である。

歴史・沿革・経緯・由来・起源・発祥等

1979年イスラム共和制に移行

1979年にシーア派のホメイニ師によるイラン革命により親米の王政(イラン最後の王朝であるパフラヴィ(パーレビ)朝)からイスラム共和制に移行した。

1980~1988年イランイラク戦争

イランの核開発問題

2002年、イランによる18年間にわたる未申告の核活動が発覚した。

イラン基礎データ | 外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iran/data.html

そして、核開発をめぐり欧米諸国などとの対立を深めた。

面積

面積は、164.8万km2で、日本の約4.4倍である。

 

人口

都市 

首都
テヘラン

その他主要都市

 

社会

民族

ペルシャ文明発祥の地であるペルシアは、アラブ人ではなくペルシア人(イラン人)が多数派である。

言語
公用語

公用語はペルシア語である。

宗教

宗教はおもにシーア派イスラム教である。

政治体制

政体
イスラム共和制

経済

イランサウジアラビアに次ぎ世界第2位の原油の埋蔵量を誇り(2009年末時点)、経済は石油収入に依存する。


| 現在のカテゴリ:西アジア |

現在のカテゴリ:西アジア

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「西アジア」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. イスラエル(イスラエル国)
  2. イラク(イラク共和国)
  3. イラン(イラン・イスラム共和国)
  4. オマーン(オマーン国)
  5. オマーン―経済
  6. オマーン―日本との関係
  7. サウジアラビア(サウジアラビア王国)
  8. トルコ(トルコ共和国)
  9. パレスチナ
  10. レバノン(レバノン共和国)
  11. レバノン―都市―ベイルート

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:西アジア の位置づけ

現在のカテゴリ:「西アジア」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー