交通―歴史 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



交通―歴史

交通エネルギー

産業革命前

もっとも基本的な交通手段は、人間自身が歩くことです。

また、古くから動物を利用した輸送も行われていました。

こうして、産業革命前は、交通エネルギー源は、人力、畜力などで、その輸送力や輸送範囲は限られていました。

産業革命後

産業革命後は、交通機関が飛躍的に発達して、交通エネルギー源として、石炭や石油を利用するようになりました。

石炭
蒸気船

1807年に、アメリカのフルトンが蒸気船を発明しました。

蒸気機関車

1825年に、イギリスのスティーブンソンが実用化しました。

石油
自動車

1885年、ドイツのダイムラーが自動車を発明しました。

そして、1911年にアメリカのフォードが、自動車の大量生産を開始しました。



| 現在のカテゴリ:交通 |

現在のカテゴリ:交通

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「交通」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 交通
  2. 交通機関
  3. 交通―歴史

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:交通 の位置づけ

現在のカテゴリ:「交通」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー