集落 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



集落

集落とは

集落の定義・意味・意義

集落とは、地理学上の概念・用語としては、人が共同生活をするために、一定範囲の土地に集まって居住している家屋の集まりをいいます。

この場合、土地や道路、そして、耕地、林野、漁場、それに公共施設なども含まれます。

集落は、広義では、村落のほか都市も含まれます。

ただし、狭義では、(都市に対して)村落だけを意味している場合もあります。

集落の分類・種類

集落(広義)は、人口の大小や中心となる産業などにより、村落都市に大別されます。

ただし、明確な区分はありません。

村落

村落は、人口が少なく、第一次産業の従事者の数が多い集落をいいます。

都市

都市は、人口が多く、第二次産業・第三次産業の従事者の数が多い集落をいいます。



| 現在のカテゴリ:集落―村落と都市 |

現在のカテゴリ:集落―村落と都市

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「集落―村落と都市」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 集落
  2. 都市―機能―消費都市
  3. 都市―機能―消費都市―観光都市

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:集落―村落と都市 の位置づけ

現在のカテゴリ:「集落―村落と都市」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー