水産資源(漁業資源)―具体例―昆布(こんぶ・コンブ・こぶ・コブ) - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



水産資源(漁業資源)―具体例―昆布(こんぶ・コンブ・こぶ・コブ)

昆布とは

昆布の定義・意味・意義

昆布とは、帯のように長く厚い、褐藻類の海藻の総称をいう。

昆布の別名・別称・通称など

こぶ・コブ

こぶコブ)ともいう。

昆布の趣旨・目的・役割・機能

食用・だし

昆布は食用のほか、だし(出汁)をとるのにも使用する。

昆布の産地・生産地・原産地等

北日本の海

昆布は、北海道全域と宮城県以北の、寒い北日本の海で産する。

岩礁に着生(ちゃくせい。植物などが他のものに付着して生育すること。寄生と異なり、養分をとることはない)する。

昆布の分類・種類

昆布には十数種あるが、その主なものとしては、次のとおり。

なお、昆布は産地によって品質と用途がほぼ決まる。

  • 真昆布(まこんぶ)
  • 羅臼昆布(らうすこんぶ)
  • 日高昆布(ひだかこんぶ)
  • 利尻昆布(りしりこんぶ)
  • 長昆布(ながこんぶ)

昆布と関係・関連する水産資源

とろろ昆布

とろろ昆布は昆布とは別属の褐藻である。

昆布の歴史・沿革

昆布は縄文時代から利用されていたといわれる。

昔は貴重な交易品で、一般庶民には入手困難な希少品であったため、縁起物として取り扱われていた。

参考元:『からだによく効く食べもの事典』 三浦理代監修 池田書店、2007年、240頁。

 



| 現在のカテゴリ:資源―食料資源―水産資源 |

現在のカテゴリ:資源―食料資源―水産資源

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資源―食料資源―水産資源」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 水産資源(漁業資源)
  2. 水産資源(漁業資源)―具体例―昆布(こんぶ・コンブ・こぶ・コブ)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:資源―食料資源―水産資源 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資源―食料資源―水産資源」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー