水産資源(漁業資源) - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



水産資源(漁業資源)

水産資源とは

水産資源の定義・意味・意義

水産資源とは、海洋河川・湖沼などの中から得られる生物=動植物の資源をいいます。

漁業資源ともいいます。

水産資源は、通常、たとえば「西部大西洋のクロマグロ」のように、漁場と種類ごとに分類されています。

水産資源の趣旨・目的・役割・機能

水産資源は、人間の食料として漁業の対象となります。

水産資源の問題点・課題

乱獲(過剰漁獲)による水産資源の減少

乱獲(過剰漁獲)による水産資源の減少が問題となっています。

国連食糧農業機関(FAO)によると、過剰漁獲状態にある種の割合は1970年代から増え続け、特に90年以降は増加が目立つとされています。

また、ギリギリの量まで漁獲されている種も増え、逆に漁獲量を増やす余地がある種の割合は急減しているといいます。



| 現在のカテゴリ:資源―食料資源―水産資源 |

現在のカテゴリ:資源―食料資源―水産資源

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資源―食料資源―水産資源」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 水産資源(漁業資源)
  2. 水産資源(漁業資源)―具体例―昆布(こんぶ・コンブ・こぶ・コブ)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:資源―食料資源―水産資源 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資源―食料資源―水産資源」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー