山―分類―火山―活火山 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



山―分類―火山―活火山

活火山とは 【active volcano

活火山の定義・意味など

活火山(かつかざん・かっかざん)とは、概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山をいう。

火山噴火予知連絡会による2003年(平成15年)の定義

なお、活火山は、かつては「現在活動中の火山」とされていたが、その後、その定義づけ何度か変遷した。

活火山と関係する概念

休火山・死火山

かつては、火山は、活火山(現在活動中の火山)・休火山(噴火記録はあるものの、現在休んでいる火山)・死火山(歴史時代の噴火記録がない火山)に分類されていたが、現在では、休火山・死火山という用語は使用されていない。



| 現在のカテゴリ:地形―陸地―山地 |

現在のカテゴリ:地形―陸地―山地

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「地形―陸地―山地」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 山―分類―火山
  2. 山―分類―火山―活火山
  3. 山―分類―火山―活火山―具体例―浅間山
  4. 山地
  5. 山地―山脈―山系

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:地形―陸地―山地 の位置づけ

現在のカテゴリ:「地形―陸地―山地」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー