山 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



山とは 【mountain

山の定義・意味など

(やま)とは、造山運動または火山活動により、陸地のなかで表面が著しく隆起し、平地と比べて高度や起伏が大きい地形をいう。

参考:『新明解国語辞典 第四版』、岩波書店『広辞苑第六版』、小学館『日本大百科全書』など

山の目的・役割・意義・機能・作用など

山岳信仰・仏道修行

山は、古くは、俗世間を離れた、神が住む神聖な地域とされ、信仰の対象とされた(山岳信仰)。

また、仏道修行の場ともされた。

山の構成

山は、部分的に次のような名称で呼ばれている。

参考:山 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/山

上の部分
  • 山頂(さんちょう)

中間部分
  • 山腹(さんぷく)

下の部分
  • 山麓(さんろく)
  • 麓(ふもと)
  • 裾野(すその)…山麓の広くゆるやかな傾斜面

三省堂『スーパー大辞林』



| 現在のカテゴリ:地形―陸地―山地 |

現在のカテゴリ:地形―陸地―山地

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「地形―陸地―山地」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 山―分類―火山
  2. 山―分類―火山―活火山
  3. 山―分類―火山―活火山―具体例―浅間山
  4. 山地
  5. 山地―山脈―山系

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:地形―陸地―山地 の位置づけ

現在のカテゴリ:「地形―陸地―山地」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー