水上交通―航路―構造物―航路標識 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

水上交通―航路―構造物―航路標識

航路標識とは 【sea mark

航路標識の定義・意味・意義

航路標識(こうろひょうしき)とは、灯光等により、・湾・海峡その他の日本国の沿岸域を航行する船舶の指標とするための灯台などの施設をいう。

航路標識の根拠法令・法的根拠・条文など

航路標識

航路標識の趣旨・目的・役割・機能

船舶交通の安全・船舶の運航能率の増進

航路標識は、船舶交通の安全と船舶の運航能率の増進のために設けられる(航路標識法第1条1項)。

航路標識の具体例

航路標識には、次のようなものがある(航路標識法第1条2項)。


| 現在のカテゴリ:交通―水上交通 |

現在のカテゴリ:交通―水上交通

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「交通―水上交通」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 水上交通
  2. 水上交通―航路―構造物―水路―運河
  3. 水上交通―航路―構造物―航路標識
  4. 水上交通―航路―構造物―港(港湾)
  5. 水上交通―航路―構造物―航路標識―灯標

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:交通―水上交通 の位置づけ

現在のカテゴリ:「交通―水上交通」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー