工芸作物―嗜好作物―タバコ(煙草・たばこ) - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

工芸作物―嗜好作物―タバコ(煙草・たばこ)

タバコとは 【tobacco

タバコの定義・意味・意義

タバコとは、葉にニコチンを含むため、同名の嗜好品として喫煙を目的として栽培される嗜好作物をいいます。

 

タバコの植生

気候

タバコは気候に対する適応性が強いので、冷温帯から熱帯まで栽培が可能です。

 

タバコの主要産地・生産地・生産国

タバコの原産地は南米です。

アメリカ合衆国中国インドなどが主要生産国です。

 

タバコの経緯・沿革・歴史など

タバコはコロンブスによりヨーロッパに伝えられました。

 

タバコの位置づけ・体系(上位概念)

嗜好作物の一種

タバコ工芸作物のうちの嗜好作物の一種です。

なお、工芸作物は次の9つの種類に分類されます。

 


| 現在のカテゴリ:産業―農牧業―作物―工芸作物 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「産業―農牧業―作物―工芸作物」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 工芸作物(工芸農作物)
  2. 工芸作物―繊維作物―綿花
  3. 工芸作物―嗜好作物―タバコ(煙草・たばこ)

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:産業―農牧業―作物―工芸作物 の位置づけ

現在のカテゴリ:「産業―農牧業―作物―工芸作物」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー