都市―機能―消費都市 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

都市―機能―消費都市

消費都市とは

消費都市の定義・意味・意義

消費都市とは、生産活動が少なく、政治・軍事・文化・宗教・学術・観光・住宅などといった機能や施設の集中によって形成された(消費をおもな機能とする)都市をいいます。

消費都市の位置づけ

都市は、産業革命後、急速に発達しましたが、同時に都市間の機能分化(分業化)も進行しました。

都市は、その中心的な機能から次のように大別されます。

  1. 生産都市
  2. 交易都市
  3. 消費都市

消費都市の歴史

そもそも産業革命以前の都市の多くは、生産活動が少ない消費都市としての性格が強いものでした。

それが産業革命により、第二次産業を中心とする工業都市が発達し、生産都市が多く成立したため、従来の政治の中心地や市場町などが消費都市と呼ばれるようになりました。

「都市」という言葉は「都」(=政治の中心地)と「市」(=市場)からなっています。

消費都市の分類・種類

消費都市は、その集中している機能や施設によって、さらに、たとえば、次のように分類されます。


| 現在のカテゴリ:集落―村落と都市 |

現在のカテゴリ:集落―村落と都市

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「集落―村落と都市」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 集落
  2. 都市―機能―消費都市
  3. 都市―機能―消費都市―観光都市

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:集落―村落と都市 の位置づけ

現在のカテゴリ:「集落―村落と都市」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー