工芸作物(工芸農作物) - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



工芸作物(工芸農作物)

工芸作物とは

工芸作物の定義・意味・意義

工芸作物とは、収穫後に比較的多くの加工を要する作物をいいます。

工芸農作物ともいいます。

工芸作物の分類・種類と具体例

工芸作物は次の9つの種類に分類されます。

  • 繊維作物
    • 綿花、イグサ、ジュート、桑など
  • 糖料作物
    • サトウキビ、テンサイ、ビートなど
  • 澱粉作物
    • 片栗など
  • 油脂作物
    • ゴマ、菜種(ナタネ。菜の花)、ヒマワリ、落花生、オリーブなど
  • 嗜好作物(嗜好品作物
    • 茶、コーヒー、カカオ、サトウキビ、タバコ、ホップなど
  • 香辛作物
    • コショウ、ワサビ、生姜など
  • 薬用作物
    • 朝鮮人参、ジギタリス、ケシなど
  • 染料作物
    • 藍、紅花など
  • ゴム作物
    • パラゴムなど

工芸作物の位置づけ・体系(上位概念)

作物の一種

工芸作物は作物の一種です。

作物は工芸作物も含めて次の5つの種類に分類されます。



| 現在のカテゴリ:産業―農牧業―作物―工芸作物 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「産業―農牧業―作物―工芸作物」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 工芸作物(工芸農作物)
  2. 工芸作物―繊維作物―綿花
  3. 工芸作物―嗜好作物―タバコ(煙草・たばこ)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:産業―農牧業―作物―工芸作物 の位置づけ

現在のカテゴリ:「産業―農牧業―作物―工芸作物」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー