ジオパーク - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



ジオパーク

ジオパークとは 【geopark

ジオパークの定義・意味・意義

ジオパークとは、認定機関によって、貴重な自然遺産があるとともにこれを保護・活用するための活動が行われているものと評価され、その審査に通過した地域をいいます。

 

ジオパークの位置づけ・体系

世界ジオパークネットワーク(GGN)

ジオパークは、世界遺産のように多国間の条約に基づくユネスコのプログラムではありません。

ユネスコの支援により2004年に発足した世界ジオパークネットワーク(GGN)がジオパークのしくみを作りました。

また、世界ジオパークネットワークは、各国が国内ジオパークネットワークを設立することを推奨しています。

日本では、2008年に国内の認定機関として日本ジオパーク委員会(JGN)が発足し、2009年に日本ジオパークネットワーク(JGN)が設立されました。

ジオパークの趣旨・目的・役割・機能

ジオパークは自然遺産を保護するとともに、これを活用することを目的としています。

世界遺産は自然遺産の保護を主な目的としています。

環境保全

活用
地域振興(観光資源

教育活動

ジオパークという概念は、市民の一体感・自尊心を育むという役割も果たしています。

ジオパークの仕組み・システム

ジオパークの認定を受けたい地域が認定機関である日本ジオパーク委員会に申請し、その審査を受けます。

審査を通過すれば、日本ジオパークネットワークに加盟でき、「ジオパーク」を名乗ることができます。



| 現在のカテゴリ:環境―環境保全 |

現在のカテゴリ:環境―環境保全

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「環境―環境保全」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 自然公園―国立公園
  2. ジオパーク

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:環境―環境保全 の位置づけ

現在のカテゴリ:「環境―環境保全」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー