山地 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

山地

山地とは 【mountainous district; mountains

山地の定義・意味など

山地(さんち)とは、平地に対してのの地形、または、複数のが集合した地形をいう。

は普通、集合して広い地域を占める。

平凡社 『世界大百科事典』

山地の分類・種類

山地は、標高、営力、形成時代等により分類される。

ただし、その基準は研究者や時代により異なる。

標高による分類
  1. 山地(丘陵)…500m以下
  2. 山地…500~2000m。日本にはこの程度の山地が多い
  3. 山地…2000m以上

山地の範囲

丘陵

日本では、平地から山地に移り変わる地域を丘陵として区分する場合が多い。

ただし、諸外国では、丘陵は通常、山地として分類される。

小学館『日本大百科全書』

山地と関係する概念

反対概念・対概念
平地

山地から派生する概念

山地のうち、連続して脈状に一定の方向に連なるものを脈という。

山系


| 現在のカテゴリ:地形―陸地―山地 |

現在のカテゴリ:地形―陸地―山地

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「地形―陸地―山地」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 山―分類―火山
  2. 山―分類―火山―活火山
  3. 山―分類―火山―活火山―具体例―浅間山
  4. 山地
  5. 山地―山脈―山系

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:地形―陸地―山地 の位置づけ

現在のカテゴリ:「地形―陸地―山地」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー