山―分類―火山―活火山―具体例―浅間山 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

山―分類―火山―活火山―具体例―浅間山

浅間山

浅間山の定義・意味など

浅間山(あさまやま)とは、群馬県と長野県の県境に位置する火山である。

標高は2568m。

浅間山の目的・役割・意義・機能・作用など

浅間山は日本の代表的な活火山である。

浅間山の構成

浅間山の裾野は開拓され、軽井沢(長野県)、北軽井沢(群馬県)の別荘地帯がある。

小学館『日本大百科全書』

浅間山の観光

国立公園・国定公園
上信越高原国立公園

浅間山は上信越高原国立公園の一部をなす。


| 現在のカテゴリ:地形―陸地―山地 |

現在のカテゴリ:地形―陸地―山地

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「地形―陸地―山地」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 山―分類―火山
  2. 山―分類―火山―活火山
  3. 山―分類―火山―活火山―具体例―浅間山
  4. 山地
  5. 山地―山脈―山系

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:地形―陸地―山地 の位置づけ

現在のカテゴリ:「地形―陸地―山地」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー