ミャンマー - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



ミャンマー

基礎・基本データ

位置・場所など

ミャンマーインドシナ半島の西部に位置します。

経緯・沿革・歴史など

ビルマ

旧国名はビルマ

正式名称

2010年以降

ミャンマーは通称で、正式名称はミャンマー連邦共和国です。

 

面積

67.7万km2(2007年時点)

 

人口

  • 1993年…4460万人
  • 2009年…5002万人

都市 

首都
ネピドー

2006年にネピドーに首都が移されるまではヤンゴン(旧名称ラングーン)が首都でした。

その他主要都市
ヤンゴン

ミャンマーの最大都市はヤンゴンです。

 

社会

ミャンマーは、異なる民族・言語・宗教の人々が集まった連邦国家です。

民族

多民族国家

人口の過半数はミャンマー族ですが、他にさまざまな少数民族があり、多民族国家です。

 

言語

公用語

公用語はミャンマー語です。

ただし、各民族等により言語が異なります。

 

宗教

仏教

ミャンマーの宗教は仏教(上座部仏教・小乗仏教)で、敬虔な仏教国です。

ただし、異なる宗教の民族もあります。

 



| 現在のカテゴリ:東南アジア |

現在のカテゴリ:東南アジア

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「東南アジア」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. タイ
  2. マレーシア
  3. マレーシア―産業―農業
  4. シンガポール
  5. シンガポール―産業―農業
  6. シンガポール―産業―金融
  7. ブルネイ
  8. ミャンマー
  9. ミャンマー ―経済

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:東南アジア の位置づけ

現在のカテゴリ:「東南アジア」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー