水上交通―航路―構造物―航路標識―灯標 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



水上交通―航路―構造物―航路標識―灯標

灯標とは

灯標の定義・意味・意義

灯標(とうひょう)とは、灯台のうち、陸地以外の砂地や岩礁にあるものをいう。

灯標の趣旨・目的・役割・機能

船舶交通の安全・船舶の運航能率の増進

灯標の位置づけ・体系(上位概念)

航路標識

灯標は航路標識のひとつである。

なお、航路標識には、灯標も含めて、次のようなものがある(航路標識法第1条2項)。

  • 灯台
  • 灯標
  • 立標
  • 浮標
  • 霧信号所
  • 無線方位信号所
  • その他の施設



| 現在のカテゴリ:交通―水上交通 |

現在のカテゴリ:交通―水上交通

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「交通―水上交通」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 水上交通
  2. 水上交通―航路―構造物―水路―運河
  3. 水上交通―航路―構造物―航路標識
  4. 水上交通―航路―構造物―港(港湾)
  5. 水上交通―航路―構造物―航路標識―灯標

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:交通―水上交通 の位置づけ

現在のカテゴリ:「交通―水上交通」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー