水上交通―航路―構造物―水路―運河 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



水上交通―航路―構造物―水路―運河

運河とは 【canal

運河の定義・意味など

運河(うんが)とは、船舶の航路として、陸地を掘り下げることによって造られた人工的な路をいう。

参考:『地理用語集』 出版社、1996年、6頁。

運河の分類・種類

運河は次の2つの種類に分類される。

  1. 海洋運河
  2. 内陸運河

運河の具体例

世界

運河の歴史・沿革・由来・起源・経緯など

産業革命

運河は、産業革命時、・可航河川(航行可能な河川)と内陸の工業地帯を結ぶために開かれた。

『地理用語集』 出版社、1996年、6頁。



| 現在のカテゴリ:交通―水上交通 |

現在のカテゴリ:交通―水上交通

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「交通―水上交通」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 水上交通
  2. 水上交通―航路―構造物―水路―運河
  3. 水上交通―航路―構造物―航路標識
  4. 水上交通―航路―構造物―港(港湾)
  5. 水上交通―航路―構造物―航路標識―灯標

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:交通―水上交通 の位置づけ

現在のカテゴリ:「交通―水上交通」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー