広葉樹―落葉広葉樹 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



広葉樹―落葉広葉樹

落葉広葉樹とは

落葉広葉樹の定義・意味など

落葉広葉樹(らくようこうようじゅ)とは、一定の季節に落葉する広葉樹をいう。

落葉広葉樹の具体例

温帯林
  • クリ
  • クルミ
  • ナラ
  • ブナ

落葉広葉樹の意義・役割・機能

木の実

落葉広葉樹には多くの木の実が成る。

なお、縄文時代は日本の新石器時代にあたるが、縄文人は狩猟採集を経済基盤とし、農耕には移行しなかった。

これを可能にした要因のひとつが、多くの木の実が成る落葉広葉樹の存在である。

NHKスペシャル アジア巨大遺跡 第4集「縄文 奇跡の大集落」 2015年11月8日放送



| 現在のカテゴリ:植生 |

現在のカテゴリ:植生

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「植生」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 針葉樹
  2. 広葉樹
  3. 広葉樹―落葉広葉樹

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:植生 の位置づけ

現在のカテゴリ:「植生」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー