海洋―分類―付属海(内海) - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。

海洋―分類―付属海(内海)

付属海とは 【adjacent sea

付属海の定義・意味・意義

付属海(ふぞくかい)とは、大洋の一部が陸地(大陸・半島など)によって分離された部分をいう。

付属海の別名・別称・通称など

内海(ないかい)

付属海の分類・種類

付属海は、大洋からの分離の程度により、次の2つに大別される。

  1. 地中海…分離の程度が大きい
  2. 縁海(沿海)…分離の程度が小さい

付属海の位置づけ・体系(上位概念)

海洋

海洋は一続きであるが、いくつかの部分に分けることができ、もっとも大きな部分である大洋付属海とに分類される。


| 現在のカテゴリ:地形―海洋 |

現在のカテゴリ:地形―海洋

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「地形―海洋」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 海洋
  2. 海洋―分類―大洋(外海)
  3. 海洋―分類―大洋―三大洋
  4. 海洋―分類―付属海(内海)
  5. 海洋―分類―付属海―地中海
  6. 海洋―分類―付属海―地中海―具体例―黒海

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:地形―海洋 の位置づけ

現在のカテゴリ:「地形―海洋」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー