穀物―分類―豆類―インゲンマメ(インゲン豆・いんげん豆) - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



穀物―分類―豆類―インゲンマメ(インゲン豆・いんげん豆)

インゲンマメとは 【common bean; kidney bean; haricot bean

インゲンマメの定義・意味・意義

インゲンマメとは、マメ科の一年草の豆類をいう。

なお、世界的には、豆という場合はインゲンマメを指す(「common bean」)。

また、その形が腎臓に似ていることから、英語では「kidney bean」とも呼ばれる。

インゲンマメの位置づけ・体系(上位概念)

豆類

インゲンマメは豆類に位置づけられる。

豆類には次のような種類がある。

  • ダイズ(大豆)
  • アズキ(小豆)
  • ソラマメ(空豆・そら豆)
  • インゲンマメ(インゲン豆・いんげん豆)
  • エンドウ
  • ラッカセイ(落花生)
  • リョクトウ(緑豆)

インゲンマメの趣旨・目的・役割・機能

インゲンマメは安価なため、世界で広く栽培され、食されている。

タンパク質の供給源

インゲンマメは、低脂肪なタンパク質の供給源である。

主食として炭化物の供給源

インゲンマメは炭化物も豊富に含むので、主食としている国もある。

主要産地・生産地・生産国

世界

日本
北海道

日本におけるインゲンマメの主要産地は北海道である。

その約70%が金時豆(赤インゲン豆。インゲンマメの代表的銘柄)で、なかでもよく知られているのが「大正金時」という品種である。

参考:金時豆(きんときまめ) 豆類協会 mame.or.jp http://www.mame.or.jp/syurui/syurui_05.html



| 現在のカテゴリ:産業―農牧業―作物―穀物 |

現在のカテゴリ:産業―農牧業―作物―穀物

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「産業―農牧業―作物―穀物」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 穀物
  2. 穀物―分類―小麦
  3. 穀物―分類―小麦―小麦粉(うどん粉・メリケン粉)
  4. 穀物―分類―豆類
  5. 穀物―分類―豆類―インゲンマメ(インゲン豆・いんげん豆)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:産業―農牧業―作物―穀物 の位置づけ

現在のカテゴリ:「産業―農牧業―作物―穀物」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー