技術―水道 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



技術―水道

水道とは

水道の定義・意味・意義

水道とは、導管などによりを供給する施設をいいます。

水道の分類・種類

水道は、上水道と下水道に大別されます。

  1. 上水道…飲用できるを供給する施設
  2. 下水道…雨汚水を排出する施設

通常は水道というと、特に上水道を指します。

水道法という法律でも、水道を次のように定義しています。

水道法
(用語の定義)
第三条  この法律において「水道」とは、導管及びその他の工作物により、を人の飲用に適するとして供給する施設の総体をいう。ただし、臨時に施設されたものを除く。

水道関係の公共機関・施設

公共機関

水道施設

水道の歴史

日本

日本では、水道の歴史は室町時代にまでさかのぼることができますが、江戸時代には全国に水道が建設されました。

江戸の水道は、神田上と玉がありますが、これは完全に下と区別された上水道で、しかも地下にその上水道網がありました。

これは当時世界でもっとも進んだ施設といえます。

ロンドンやパリなどの大都市でも、上下水道設備の不備から疫病が流行っていますが、江戸では水道設備が原因となっている疫病の記録はありません。

江戸は、海岸を埋め立ててつくられたため、地下は塩分を含んでいました。

そこで、郊外の河川や湧からを引くために、木管や石管を使用して江戸の地下に上水道網をつくったのです。

テレビの時代劇でよく見る長屋の共同の井戸なども、地下ではなく、地下を流れる上水道を汲み上げていたということです。



| 現在のカテゴリ:資源―水資源 |

現在のカテゴリ:資源―水資源

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 14 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資源―水資源」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 水資源
  2. 河川(川)
  3. 河川(川)―暗渠
  4. 技術―水道
  5. 技術―水道―種類―下水道
  6. 技術―水道―公共機関―水道局
  7. 技術―水道―施設―取水施設
  8. 技術―水道―施設―水処理の施設
  9. 技術―水道―施設―水処理施設―上水道―浄水場
  10. 技術―水道―施設―水処理施設―下水道―下水処理場
  11. 技術―水道―施設―水処理施設―下水道―下水道管
  12. 技術―灌漑
  13. 技術―ダム

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:資源―水資源 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資源―水資源」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー