技術―水道―施設―取水施設 - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



技術―水道―施設―取水施設

取水施設とは

取水施設の定義・意味・意義

取水施設とは、地表河川と湖沼)と地下などの源(水資源)からを取り入れるための施設をいいます。

取水施設の分類・種類

取水施設は、次の2つの種類に分類されます。

  1. 地表河川と湖沼)からを取り入れるもの
  2. 地下からを取り入れるもの

取水施設の構造・構成・つくり(構成要素)

1.地表河川と湖沼)からを取り入れるもの
2.地下からを取り入れるもの
  • 井戸

取水施設の仕組み(しくみ・メカニズム)

取水施設から取り入れられたは、路を経て浄水場へと送られ、上水道に供給されます。



| 現在のカテゴリ:資源―水資源 |

現在のカテゴリ:資源―水資源

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 14 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資源―水資源」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 水資源
  2. 河川(川)
  3. 河川(川)―暗渠
  4. 技術―水道
  5. 技術―水道―種類―下水道
  6. 技術―水道―公共機関―水道局
  7. 技術―水道―施設―取水施設
  8. 技術―水道―施設―水処理の施設
  9. 技術―水道―施設―水処理施設―上水道―浄水場
  10. 技術―水道―施設―水処理施設―下水道―下水処理場
  11. 技術―水道―施設―水処理施設―下水道―下水道管
  12. 技術―灌漑
  13. 技術―ダム

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:資源―水資源 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資源―水資源」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー