レバノン―都市―ベイルート - [地理]地理

[地理]地理

地理学のうち、系統地理学(自然地理学と人文地理学)と地誌学を取り扱います。



レバノン―都市―ベイルート

ベイルート

ベイルートレバノンの首都で、地中海に面する港湾都市である。

1975年のレバノン内戦までは中東の商業・金融・観光・学問の一大中心地であった。

イスラム教徒の多い西ベイルートとキリスト教徒の多い東ベイルートに分断されている。

参考:『地理用語集』 出版社、小学館 『日本国語大辞典』、小学館 『日本大百科全書』など

ベイルートの産業

商業

ベイルートは石油など西アジアへの中継貿易のもっとも重要な拠点である。

金融業

ベイルートの歴史

ベイルートはフェニキア時代からの商業都市である。

三省堂 『スーパー大辞林』

19世紀にはレバノン最大の港湾都市に成長し、中東のパリと謳われた。

小学館 『日本大百科全書』



| 現在のカテゴリ:中東―西アジア |

現在のカテゴリ:中東―西アジア

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「中東―西アジア」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. アフガニスタン(アフガニスタン・イスラム共和国)
  2. アフガニスタン―カンダハール
  3. イスラエル(イスラエル国)
  4. イラク(イラク共和国)
  5. イラン(イラン・イスラム共和国)
  6. オマーン(オマーン国)
  7. オマーン―経済
  8. オマーン―日本との関係
  9. サウジアラビア(サウジアラビア王国)
  10. トルコ(トルコ共和国)
  11. パレスチナ
  12. レバノン(レバノン共和国)
  13. レバノン―都市―ベイルート

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:中東―西アジア の位置づけ

現在のカテゴリ:「中東―西アジア」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー